お部屋代にまつわる謎のお金「敷金・礼金」とは?

・敷金と礼金はセットなのか

マンションやアパートに限らず、賃貸住宅を借りるときには、契約時に敷金や礼金を払います。関西地方や事務所などを借りる際は保証金を払います。

敷金と礼金は語呂がいいのかいつもセットですが、どちらかが無いこともあります。最近ではどちらも0円という物件も数多く見られます。

・敷金は人質、礼金はお礼?

敷金は、お部屋を引き払う時に原状回復とは別に修繕の必要が発生した場合にそこから差し引かれるための「人質」のようなものです。居住人に何の過失も無ければ、基本的には敷金は全額戻ってきます。敷金を納めさせることによって、お部屋を綺麗に使ってもらう効果や意味もあります。

また、敷金は家賃を滞納した場合にそこから差し引かれることもありますが、契約次第でそうしなければならないというルールがあるわけではありません。

礼金は家主さんへのお礼です。お礼なので1円も戻ってきません。

・敷金・礼金0円の意味

敷金・礼金は地域によって相場が違います。また、過去は非常に多くの敷金や礼金を要求されることもあったようです。

最近、敷金・礼金0円を謳う賃貸物件が多く見られますが、礼金はともかく敷金が0円の物件は、退去時に修繕してから退去する契約になっていたり、毎月家賃以外に修繕積立金を管理費とは別に徴収されたりすることもあるので注意が必要です。


このページの先頭へ