一人暮らしを始めたからといっても世の中は変わらない

・意外と情報は広まっていない

始めて一人暮らしを始めたら、会う人会う人にそのことを話すでしょうか?親しい友人や同じクラスの友人たち、席の近い同僚などには話すでしょう。

何人にも話すうちに「これだけ多くの人に話したのだから周知されたはず」と思い始めるはずです。ですが、意外と周りには広まらないものです。一人暮らしをしている本人には最も大きなトピックですが、それを聞いた友人や同僚にとっては、数多くあるトピックの中のひとつに過ぎないからです。

・懐事情も周りからは分からない

引っ越し直後でお金が無いから、お誘いはご遠慮したい時期もあるでしょう。こうした厳しい懐事情も周りからは意外と分からないものです。
お誘いは、察してくれる友人もいますし、断ればよいのでまだいいでしょう。冠婚葬祭は時を選ばず起こる出来事です。そして、その多くは断っていいようなものではありません。

特に冠婚葬祭は礼服やフォーマルな服を着ていかなければなりませんので、礼服などは成人したら作っておくものですが、忘れがちなものでもあります。

・みんなも苦労している?

自分が苦労してみると、周りの人もそうだったのではないかということが分かってきます。急なお誘いを断らないために借金したり、自販機で飲み物を買わずにポットを持ち歩くようになったり。

自立して経験したからこそ、分かってくることがあるわけです。



このページの先頭へ