会社勤めでもお財布はピンチ!そんな時のキャッシング頼みとは

無事正社員で働けても意外な出費に悩まされる時があります。職種や取り巻く環境にもよりけりですが、飲み会などの多い会社や冠婚葬祭で個人から祝儀を集める会社など様々です。

私が就職した会社は毎晩飲み会がありました。新入社員だけあって断れず、先輩上司と同等に費用を支払いました。それが何日も続くと初任給はあっと言う間になくなってしまいます。一人暮らしもしていたのでマイナスでした。よく「金の切れ目は縁の切れ目」などと教えられ育ってきましたから私の中で親や友人からお金を借りるのはタブーだと思っていました。そこで、会社近くにあった大手消費者金融からキャッシングする事になったのです。即日審査ですぐに借り入れできたのには驚きでした。もちろん、審査には様々な質問があります。年収、他の組んでいるローン、同居家族、賃貸などです。査定中はきっと今までの支払い延滞履歴などがないか調査するのでしょう。それで問題なければ消費者金融からキャッシングが許可されます。会社勤めの意外な出費はまだ手取りが少ない時期にはかなりの痛手です。そんな時に消費者金融のキャッシングカードはありがたかったです。もちろん、返済をしっかり守ればブラックになる事だってありません。

関連記事

このページの先頭へ